アフザル・アンサリー - Afzal Ansary | 世界環境写真家協会(IEPA)

Topページ > 写真家紹介 > アフザル・アンサリー - Afzal Ansary

写真家紹介

プロフィール

アフザル・アンサリー - Afzal Ansary

環境写真と自然写真をはじめ、風景、ドキュメンタリー、ポートレート、トラベル、教育の分野で幅広く活躍。特に、光を採り入れた人々の日常風景が独特の作風。自然環境に強い関心があり、その中には、そこで暮らす人々の生活の様子も含まれる。これまでに、イギリス、ロッチデールのタッチストーンギャラリーとバースのフェントンハウス・ロイヤル・フォトグラフィック・ソサエティで「パキスタンの人々」をテーマにした写真展を成功させる。作品は、世界各国の本、ジャーナル、新聞やその他のメディアで出版されており、ディスカバリーチャンネル、BBC、チャンネル4でも紹介される。イギリスのロイヤル写真協会など5つの写真協会からフェローシップを受ける。

フォトライブラリー


タイトル:海辺のラクダ

私は自然の最も美しい姿と最も醜い姿をありのままに記録することを心掛けています。そうした写真は地球の住民として、将来に渡り私たちを守ってくれる自然を自分たちの手で守っていかなければならないことを伝えています。私の作品には、陸地や海辺の風景が多いですが、それは、海や太陽や陸地が、環境保護にとても関係が深いからです。包括的なアプローチを通して、自然と人間との微妙な相互関係を写真に収めることを目指しています。

一般社団法人 世界環境写真家協会

入会や活動内容に関するお問い合わせ

新潟県新潟市西蒲区漆山8554-1
E-MAIL:contact@IEPA.jp

活動理念・概要 / 会員制度について

IEPAの活動理念・概要や主な活動内容については以下をご覧下さい。