エドワード・パーカー - Edward Parker | 世界環境写真家協会(IEPA)

Topページ > 写真家紹介 > エドワード・パーカー - Edward Parker

写真家紹介

プロフィール

エドワード・パーカー - Edward Parker

環境保護活動家として、20年以上活動を続け、重 要な自然保護活動メッセージを伝えるため、写真を ツールとして使っている。その写真は自然世界の美 しさと貴重さへの関心を高める目的で世界各国で 紹介されている。特に人類が遠く離れた自然シス テムと良くも悪くも調和している写真や、長い歴史 を生き抜いてきた古木の写真で知られているこれ までに取材で、ブラジル、ボルネオ、コンゴなど世 界40カ国以上をめぐり、WWFなど国際機関とも 関わり、これまでに著書は共著も含め、30冊以上。

フォトライブラリー


タイトル:ナ・トラン港のマンタ(オニイトマキエイ)

南シナ海で捕獲された大型マンタがベトナムのナ・トラン港に 水揚げされました。午前8時の明るい日差しが射す中で、 シャッターを切ったのです。この写真は、ベトナムの雑誌な ど多くのメディアで紹介されました。 

一般社団法人 世界環境写真家協会

入会や活動内容に関するお問い合わせ

新潟県新潟市西蒲区漆山8554-1
E-MAIL:contact@IEPA.jp

活動理念・概要 / 会員制度について

IEPAの活動理念・概要や主な活動内容については以下をご覧下さい。