エアレン・ハールべリ - Erlend Haarberg | 世界環境写真家協会(IEPA)

Topページ > 写真家紹介 > エアレン・ハールべリ - Erlend Haarberg

写真家紹介

プロフィール

エアレン・ハールべリ - Erlend Haarberg

ノルウェー中部に在住、1990年代始めから職業写真家として活動している。ノルウェーにおいて、6度「年間最優秀自然写真家」のタイトルを獲得している。多くの雑誌、書籍に作品が掲載されており、スカンジナビア諸国の雑誌にも定期的に寄稿している。夫人も写真家であり、近年、最初の共著となる、「ラップランド-ヨーロッパのアラスカ」をハンガリー語、英語、ドイツ語で上梓している。

フォトライブラリー


タイトル:アトランティック・パフィン(ニシツノメドリ)

私は小さなころから自然に関心を抱き、大学卒業後、自然の写真家になるのは当然の成り行きでした。ノルウェー鳥類学協会のメンバーとして、特に鳥の生態に強い関心を惹かれました。しかし現在では、自然のあらゆるものに興味を惹かれていて、小さな生き物から、大自然の風景まで、様々な被写体をカバーしています。私の場合、自然への愛と尊敬の念が、写真を続ける力になっています。環境問題がより重要になるにつれ、人々が自然への関心を高めています。今日の近代社会は人々を自然から遠ざけ、自然への無関心は、環境にとってとても危険で、破壊的でさえあります。自然について関係と知識を持つことも、環境に関心を持つことも重要です。ノルウェーでは、餌となる食物の不足により、海鳥の繁殖に重大な障害がおきています。科学者によれば、原因は魚の乱獲です。それに加えて、気候変動、海洋汚染、有毒物質の自然への蓄積なども大きな問題となっています。アトランティク・パフィンの生息数もこの25年で半減し、これが続くようであれば、数十年のうちに海鳥が絶滅の危機に瀕することになるでしょう。

一般社団法人 世界環境写真家協会

入会や活動内容に関するお問い合わせ

新潟県新潟市西蒲区漆山8554-1
E-MAIL:contact@IEPA.jp

活動理念・概要 / 会員制度について

IEPAの活動理念・概要や主な活動内容については以下をご覧下さい。