オリオル・アラマニー - Oriol Alamany | 世界環境写真家協会(IEPA)

Topページ > 写真家紹介 > オリオル・アラマニー - Oriol Alamany

写真家紹介

プロフィール

オリオル・アラマニー - Oriol Alamany

1958年、スペイン、バルセロナ生まれ。スペインで最も尊敬される自然・観光写真家の一人として知られる。生物学とグラフィックデザインを学び、1980年からフリーランス写真家として活動。写真や記事は、『ナショナル・ジオグラフィック』、『BBCワイルドライフ』、『ロンリー・プラネット』、『ゲオ』、他、数多くの雑誌に掲載される。また、スペインの若い世代の自然写真家たちの自然写真と環境への関心を高める目的で制作された『フォトグラフィアー・ラ・ナチュラレザ』も手がける。スペイン自然写真家協会(AEFONA)設立者および理事であり、DEPANAというNGOの自然保護団体やアイゲストルテス国立公園の理事を務めている。

Oriol Alamany - Imagenes Vivas (オフィシャルウェブサイト)

フォトライブラリー


タイトル:アフリカの夕暮れ

南アフリカのクルーガー国立公園で、夕暮れ時、オニアオサギがモンパニダムにいる魚を捕まえようとしているところです。生態系の生き物たちが、自然本来の姿で調和しながら共存している自然保護地区で見られる穏やかな光景です。

一般社団法人 世界環境写真家協会

入会や活動内容に関するお問い合わせ

新潟県新潟市西蒲区漆山8554-1
E-MAIL:contact@IEPA.jp

活動理念・概要 / 会員制度について

IEPAの活動理念・概要や主な活動内容については以下をご覧下さい。