高砂 淳二 - Takasago Junji | 世界環境写真家協会(IEPA)

Topページ > 写真家紹介 > 高砂 淳二 - Takasago Junji

写真家紹介

プロフィール

高砂 淳二 - Takasago Junji

自然写真家。1962年、宮城県石巻市生まれ。ダイビング専門誌の専属カメラマンを経て1989年に独立。海の中から生き物、風景まで、地球全体をフィールドに、自然全体の繋がりや人とのかかわり合いなどをテーマに撮影活動を行っている。著書は、月の光で現れる虹を捉えた写真集「night rainbow ~祝福の虹」(小学館)をはじめ、「虹の星」、「free」、「BLUE」、「life」(ともに小学館)、「ハワイの50の宝物」(二見書房)など多数。

■ 高砂淳二 オフィシャルウェブサイト

http://junjitakasago.com/

■ 高砂淳二ブログ

http:/www./junjitakasago.com

http://fotopus.com/naviblog/takasago/

国境や人種を越えた交流が当たり前になり、インターネットの普及で情報や智恵も共有できるようになった今、人間は地球が小さく、われわれの暮らし方によっては使い物にならなくなることに気付きました。今、国境を超えて環境問題に取り組むことが、生き延びるための必須のことであり、人間の違いを乗り越えるための近道でもあると思います。

フォトライブラリー


タイトル:ハワイアンモンクシール

ハワイアンモンクシールは、絶滅危惧種に指定されている、ハワイ固有のアザラシだ。北西ハワイ諸島に多く生息しているが、保護活動が功を奏し、最近はオアフ、カウアイなどでもよく見られる。人間を見てもあまり動じない、大らかな性格だ。
日付不明
ハワイ、ラナイ島

一般社団法人 世界環境写真家協会

入会や活動内容に関するお問い合わせ

新潟県新潟市西蒲区漆山8554-1
E-MAIL:contact@IEPA.jp

活動理念・概要 / 会員制度について

IEPAの活動理念・概要や主な活動内容については以下をご覧下さい。