映像と音楽で環境問題をアピール | お知らせ

Topページ > お知らせ > 映像と音楽で環境問題をアピール

お知らせ

映像と音楽で環境問題をアピール

2009年5月22日

2009年5月16日に新潟市西蒲区にある角田山妙光寺にてビジュアルコンサート「天野尚のネイチャーワールドとソプラノの出会い」が開催されました。

この催しは2部構成となっており、第1部は当協会会長である天野による講演が行われ、第2部はビジュアルコンサートと称し、スクリーンに天野が撮影してきた数々の風景写真が映し出される中、2名の実力派ソプラノ歌手とピアノ演奏で紡ぎだされる美しい音楽が会場全体を包み込んだ。
(写真:上山益男)

自身の経験談から環境保全の重要性を訴える

講演ではアマゾンなど世界の3大熱帯雨林に撮影に赴き、自らその風景、環境の変化を見つめてきた天野が自身の体験談を交えながら、世界規模で進行している環境破壊の現状を説明し、その深刻さを訴えた。

また、会場となった角田山妙光寺がある新潟市西蒲区(旧・巻町)で生まれ育った天野から周辺地域の環境の在り方や、環境を保全していく取り組みの必要性などが語られました。

映像と音楽によるコラボレーション

第2部では、ソプラノ歌手である荒武 菜穂子さん、小原 加奈子とピアノ奏者の浜田 揺理さんによるコンサートが行われました。

会場には巨大スクリーンが設置され、そこに天野が撮影したアマゾン、屋久島、佐渡島などの美しい風景が映し出されました。映像と音楽という2つの分野が絶妙に融合したことで、参加された方々に対して、より大きなメッセージを伝えることを実現しました。

またスクリーンには美しい風景だけではなく、100年に一度と言われる大干ばつで干上がったアマゾンの川底や、そこで死に絶えたピラニアの写真など、環境問題に深く関わる写真も映し出され、映像からも自然環境の重要性とその問題点が投げかけられました。

コンサート終盤には、角田山に落ちる夕日など地元の美しい自然風景が次々と映し出され、会場の雰囲気も盛り上がり、好評を博してイベントは終了しました。

地球の裏側にあるアマゾンから、すぐ身近にある地元の自然風景までを美しい音楽と共に感じることで、参加された方々も環境に対する思い、考え方を新たにされたようでした。

一般社団法人 世界環境写真家協会

入会や活動内容に関するお問い合わせ

新潟県新潟市西蒲区漆山8554-1
E-MAIL:contact@IEPA.jp

活動理念・概要 / 会員制度について

IEPAの活動理念・概要や主な活動内容については以下をご覧下さい。